情報

開発者:
Red Candle Games
所在地 台北, 台湾

成立:
九月, 2015

公式サイト:
redcandlegames.com

メディア連絡先:
press@redcandlegames.com

ソーシャルメディア:
Twitter
Facebook
YouTube
Instagram

作品:
Devotion
Detention

住所:

電話:
--

概要

Red Candle Gamesは2015年9月に、ゲームについて意気投合したメンバーたちによって設立されました。様々な場所から集まったメンバーはゲームを愛するだけでなく、自ら作ることにも夢中で、ゲーム、そして彼らの作品を媒介として、可能性や影響力を作り出そうと日々努力しています。

沿革

発端

2015年9月、ゲームへの情熱によってRed Candle Gamesが設立。2013年で返校というプロジェクトを開始した咖啡は、縁があって王光昊、王瀚宇兄弟と提携することになり、さらに東東、敬恆、適維三人も次々チームに加え、しばらくの連携作業の後、六人で会社を立ち上げることに決めました。

返校

メインの作品である「返校」は2015年から正式な開発が始まりました。台湾の宗教、歴史や怪談などを基にして、「台湾社会的事件」、「道教風習」、「権威主義」、「民族怪談」なども要素に含め、探索を繰り広げるホラーアドベンチャーゲームです。2017年1月13日に発売した本作品の対象プラットフォームはPCのみで、Windows、MacとLinuxでプレイ可能となっています。

Red Candle Games


ビデオ

'還願Devotion' Teaser YouTube


画像

gameOnWeeknd2.png
RedCandleGames_All.png
RedCandleGames_Founders.png
014_1024.png

他の画像を求める場合、どうぞご 連絡ください。


ロゴファイルをダウンロード
logo
logo

受賞記録

  • "ベストジャーニー" - アメリカIndieCade, 2017
  • "ベストストーリーノミネーション" - ブラジルBIG Festival, 2017
  • "ベストデザイン" - 台北ゲームショウIndie Game Award, 2017
  • "ベストゲームノミネーション" - 上海IndiePlay, 2016
  • "ベストゲーム音楽ノミネーション" - 上海IndiePlay, 2016

関連記事

  • "その独特のグラフィックス、おどろおどろしさ共に崇高で美しい素晴らしいアンビエントミュージック(+エモ)、そして台湾の暗黒時代である60年代を背景にしたストーリーからは単なるエンターテインメント作品の枠を超えた魅力がある。"
    - 今井晉, IGN Japan
  • "セピアを基調にしたノスタルジックなビジュアルは、“死”のシーンにすら儚げな美しさを感るかもしれない。"
    - 戸部マミヤ, ファミ通
  • "本作のもっとも秀逸な点は、人間だけが察知できる微妙な現象のずれを用いてかすかな違和感を積み重ね、その違和感を超常的な現象によって一気に開放するところだ。"
    - Syohei Fujita, AUTOMATON

メンバー・協力パートナー

王瀚宇 包子
共同創業者 Co-Founder

王光昊 小光
共同創業者 Co-Founder

姚舜庭 咖啡
共同創業者 Co-Founder

江東昱 東東
共同創業者 Co-Founder

陳敬恆 敬恆
共同創業者 Co-Founder

楊適維 適維
共同創業者 Co-Founder

徐嘉陞 嘉陞
プログラマー

何霈君 小何
デザイナー

黃天嶸 獸王
デザイナー

張兆鳴 Tata
デザイナー

劉莉莛 Tiff
パブリックマネージャー

黨傳翔 黨黨
デザイナー


presskit() by Rami Ismail (Vlambeer) - also thanks to these fine folks